35歳女性 憧れの人に近づくために、勉強を頑張った

35歳女性です。

私は学生時代、とても勉強が嫌いで、鉛筆を持ったり、椅子に座るのだけでも嫌だと思うのがほとんどでした。

勉強が嫌いだからもちろん、しなかったし、予習も復習もしないので、学校での成績はもちろんだめで、進路なども、たくさんの人々に心配されていました。

そんなある時、好きな人ができました。

その彼は、スポーツ万能で、頭も良く、性格も良く、全てにおいてトップクラスで、周囲からもとても人気のある人でした。

私とは大違いな頭の良さで、とても魅力でした。

私は彼のことを一方的に好きになっていたので、もしかしたら、彼に近づけるかもしれない、どの一心で、勉強を始めてみることにしました。

何から始めていいのか全然わからない感じでしたが、学校で習うことを予習復習をしたら、絶対に大丈夫。

試験の時は、先生が、試験に出てくるところを教えてくれるから、そこだけを覚えていれば大丈夫、とのアドバイスを聞いて、それだけを必死に頑張ってみました。

確かに、周りが言うように、まずは暗記をしたらいいのです。

全ての基礎を頭にしっかり入れ込んだら、次からは応用編で、どんな問題でもスイスイと解けるようになっていました。

ある時気付いたら、その彼がいるような、トップクラスまで上がっている私がいることに気づきました。

なんだか、自分に自信までしっかりとついてきて、ただ憧れで、話せない相手だと思っていた彼とも親しくなることができ、そうなればなるほど、また勉強を頑張ろうと、勉強にも精が入りました。

私は勉強に大切なことは、自分のやる気や根気だと感じていますが、そのやる気や根気を作るのは、恋心がとても多く手伝ってくれる、と確信しています。

もしも勉強のことでお悩みの方は、いくつになろうとも、恋をしてみると、成功できるかもしれませんし、実際周りにも、そんな人を多くみてきました。

憧れの人に近づこうと言う思いで、必死に勉強できるようになりました。